スポンサードリンク

アクア 値引き 魅力

トヨタ・アクアは、1500ccエンジンをベースにしたハイブリッドシステムのみを搭載するコンパクトカーです。

JC08モード燃費が37km/Lと優れ、トヨタ全店が売るので販売も好調です。

☆2016年に購入するために気になること

(1)2016年は買い時です。設計が古くなっていますが、直近にフルモデルチェンジすることはないですね。

マイナーチェンジも経ているので、今が買い時と考えて良いと思います。

(2)フィットハイブリッドに比べると、燃費性能は優れているものの、後席の居住性や荷室の使い勝手が劣ります。

総合評価ではアクアは不利ですね。

(3)アクアは今でも人気車で、小さなクルマに代替えする市場動向に沿っています。

そのためにディーラーは売る気がありありで、商談もしやすいです。

(4)売却した時には中古車市場にアクアが数多く流通していて以前に比べて多少不利かもしれません。

それでも小さなハイブリッド車だからニーズは高いと思います。

☆トヨタ・アクア値引き 値引き商談の基本

基本は、値引き額をセリに掛ける要領で上乗せさせていくことです。

多くのユーザーにとって、クルマの購入商談で最も大切なことは値引きの拡大でしょう。
新車の購入は軽自動車でも100万円以上の高額ですから、交渉で数万円の違いは大きいです。

出来ることは全部やっちゃいましょう。
ここでは基本的なことをお伝えします。

(1)販売店が値引きしやすい時期があります。
それは、3月の決算フェア、9月の中間決算フェア。
共にメーカーや販売会社の決算にも関係するから値引きを増やしやすいです。

(2)販売店側から見ると値引きには販売促進の効果があるので、
発売直後は値引きが少なくても売りやすいけど、時が経過して人気が下がると、
逆に値引きをしないと売りにくくなります。

(3)競合をさせましょう。

販売店も売ってなんぼですから、競合を持ち込まれると頑張ります。
そこでユーザーは商談に次の要素を持ち込んで競合に持ち込みましょう。

・他メーカーのライバル車。アクアなら、ホンダ・フィットHV、マツダ・デミオディーゼルなど。

・同地域内の資本の異なる販売店同士。アクアはトヨタ全店で扱っているのでトヨタ店、トヨペット店
カローラ店、ネッツ店での競合に持ち込みましょう。

・姉妹車同士。最近はOEMなどメーカー同士の提携も増えています。
例えばスズキ・ハスラーとマツダ・フレアクロスオーバーは姉妹車なので競合が効果的です。

(4)買取店と下取りの競合

下取りは販売店が新車を売るために行うサービスの一環で、買取りはそれだけを行うことで

買取り専門店が主に行い、さまざまな業者が参入しています。詳しくは以下の説明します。

 

☆下取りか、買取店か
これまで乗ってきたクルマは新車ディーラーへ下取りに出すのが便利で手間がかかりません。
原則として納車となる日まで下取り車に乗っていられるからです。

だたし、ここで問題。
下取り額が必ずしも値段的に有利になるとは限りません。
むしろ最近は中古車買取店の方が高くなるケースが目立つようです。

引く手あまたの人気車やスポーティーカー、輸入車などはもちろんのこと、
10万kmを超えた低年式車でも積極的に買い取ってくれるので、
買い替えの際は下取り額と比較してしっかり損得勘定しましょう。

まずはこちらで査定を(*^^*)

▽ ▽ ▽

貴方の愛車はコチラでかんたん車査定を

★買取店に売るメリット
☆高額の査定が出やすい
買取店は中古車市場に精通しています。
加えて新車ディーラーよりも高い査定額を提示しないと
売却してもらえないため、高額査定になりやすいです。

ドレスアップされたクルマなどの価値も買取店の方が
理解されやすいです。

また標準装着されていたパーツも添付すると、
査定額ではさらに有利です。

☆複数の買取店を比較できる
買取店の業界には、さまざまな業種が進出しています。
だから買取りを行う業者のクルマに対するニーズはさまざまですので、
なるべく多くの業者から査定を受けるのが良いでしょう。

それにはクルマ一括査定サイトがとても便利です。

☆単純な売却だけでも可能
新車ディーラーは、新車を販売する代わりにそれまでのクルマを買取り
(下取りというシステム)を行います。
一方、買取店は単純な売却も可能です。

クルマが不要になったとき、セカンドカーが不要になった時など買取店への売却が便利です。

© 2017 トヨタ・アクアSの値引き rss